【配送料改定!】ウーバーではもう稼げない!?【配送料改悪?】

稼ぎ方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

東京エリア限定ではありますが、先日、11月29日から配送料が改定され、

新料金体系に移行しました。

【Nスタ】人気の「ウーバーイーツ」、配達員怒りの理由は・・・

これが当事者である、東京エリアの配達員さんを中心に、

物議を呼んでおり、一般のニュースにもなりました(動画)

 

今日は新料金体系でなにが変わったのかを

話題にしていきます。

 

最初に結論「自転車有利、バイク不利」

今回の料金改定では、距離あたりの報酬が大きく引き下げられたため、

主に長距離の配達が多い、バイク利用の配達員が影響を受けています。

変更内容詳細

東京エリアの配達員へのお知らせは以下の内容です。

いつも Uber Eats 配達パートナーとしてご尽力いただき、

ありがとうございます。

 

この度、2019年12月1日(日)の Uber Eats 事業の現地法人化に伴い、

2019年11月29日(金)午前8時 より、東京エリアの基本料金およびインセンティブを

改定する運びとなりました。

 

基本料金は約10%引き下がり、

サービス手数料は 35% から 10% (消費税込み)に改定されます。

また、基本料金の引き下げにより、インセンティブが引き上げられます。

 

ここでいう「基本料」というのは、

受け取り料金+1kmあたりの距離+受け渡し料金

を指します。具体的には、

 

  • 受け取り料金:300円→265円
  • 1kmあたりの距離:150円→60円
  • 受け渡し料金:170円→125円
  • サービス手数料:35%→10%

【受け取り料金】

配達員がお店から商品を受け取る際の報酬

【1kmあたりの距離】

お店から注文者までの配送距離

【受け渡し料金】

配達員が注文者へ商品を渡す際の報酬

【サービス手数料】

ウーバーイーツ側が注文に対して受け取る手数料

 

となります。お知らせでは、基本料は10%ダウンとしていますが、

目を引くのは配送距離に対して支払われる「1kmあたりの距離」が、

150円から60円と60%減となっている点です。

 

私自身、ウーバーイーツを1ヶ月ほど自転車でやってきましたが、

自転車でさえ、短い距離で件数をこなすのが効率が良いと感じてました。

 

自転車では不可能な遠距離を原付がカバーしているはずですので、

距離で稼げる部分の報酬が大幅減になるのは、正直キツイです。

距離があると、件数をこなすと言っても限界がありますもんね。

 

あと報酬の増減を決めるのは、最後の一文、

「インセンティブが引き上げられます」

が、どの程度のものかによるでしょう。

 

ウーバーイーツ側の説明だと、インセンティブを含めると、

価格改定前と同水準の報酬になるとのことですが、

今のところ、具体的な説明は無いようです。

 

なぜ「東京エリア限定?」

これまで東京エリアは他地域と比べて報酬の高さが目立ってました。

東京エリア以外(中部・近畿・九州)の料金体系と並べてみます。

 

受け取り金額 受け渡し金額 距離料金 サービス手数料
東京(改定前) 300円 150円 150円/km 35%
東京(改定後) 265円 125円 60円/km 10%
東京以外 215円 105円 60円/km 10%

 

それでもまだ東京エリアの方が報酬が高いのですが、

東京の物価の高さからすれば、生活にモロに影響しそうです。

 

自転車有利

インセンティブの内容にもよりますが、今回の料金改定では、

「件数をこなすのが鉄則」という、ウーバーイーツならではの必勝法を

より色濃くするものとなりました。

 

人力(自転車)では到底配達できない長距離を

バイクが担当するケースが多いでしょうから、

距離で稼ぐことがかなりのウエートを占めてたはずです。

 

他の地域にも影響する?

私見ですが、他の地域への影響は、

短期的にはナシ、長期的にはアリ

と考えます。

 

【短期的ー影響ナシ】

「東京エリアと他地域との報酬格差是正が目的のため」

現地法人化をキッカケに、東京エリアと他地域との報酬の格差を

同程度にする目的を果たしたため、他地域は影響なしと見ています。

 

【長期的ー影響アリ】

「市場が飽和状態となり、価格競争となるため」

配達員の仕事が参入障壁が低く、

配達員の頭数が揃ってしまうと、価格以外の差別化ができないんです。

 

配達依頼もお客さんからの指名ではないので、

「あの人にお願いしよう」とか、「あの人でないと」ということに

なりません。

 

となると、需要と供給のバランスが働き、今は

「配達員<注文数」

ですが、

⒈配達員の頭数が確保でき、

⒉ライバルの同業他社が出現し、

⒊業界が成熟すると、

 

近い将来に、

「配達員>注文数」

となることが予想され、配達員が飽和します。

 

そうなると価格競争になり、他エリアの配達員にも

影響があると考えられます。

 

考えながら動く

ニュースの内容から、悲観的になるのはある程度は仕方ないのですが、

では「ウーバーイーツを続けるメリットはないのか?」

と聞かれたら、私は「そんなことはない」と答えます。

 

小さく始めて経験を積む

その理由として、

小さく始めることができる

経験は財産になる

初日から稼ぎになる

点だと思います。

 

小さく始めることができる

借金かかえて、一生に一度の大勝負というのではなく、

ウーバーイーツはホントに小資金で、

事業をスタートすることができます。

 

自転車とスマホとごっついカバン」

 

があれば始められるんです。

 

ただウーバーイーツを専業にしている、もしくは、

ウーバーイーツにかなりのウエイトを置いている方であれば

今回のようなニュースは死活問題となり得ます。

 

小さく始めているからこそ、

仮に「ウーバーイーツ辞めた!」となっても、

路頭に迷うことはありません。

 

また、ほとんどお金をかけずにスタートしたはずですから、

借金なし、又はプラスで手仕舞いできますよね。

 

そしてウーバーイーツのそもそものウリである、

「好きな時間に働いて報酬を得る」

という距離感でウーバーイーツをサブ的に取り組んで、かつ、

本業があるのであれば、ウーバーイーツは単にお金儲けでなく、

トータルで得られるものは大きいです。

 

経験は財産になる

ウーバーイーツの仕事はもちろんですが、

帳面をつけたり、確定申告したりすることで、

お金に対してものの見方が変わります。

 

サラリーマンの方であれば、今まで納税について、

特に意識する機会が少なかったと思います。

 

「ややこしいことは会社が全てやってくれる。」

「年末調整でお金が返ってきて喜ぶ(ホントは儲かってません)。」

「節税なんて、自分には縁遠い他人事だ。」

 

といった考え方ではないでしょうか(私がそうでした)。

 

知って得することは、ウラを返せば「知らないと損する」ことです。

ウーバーイーツに取り組むことでいろんなことを見聞きし、

それがよい経験となっていませんか?

 

経験は全て、取られることも減ることもない財産になります

 

初日から稼ぎになる

以前にも話題にしましたが、ウーバーイーツは初月、もっというなら、

初日から利益が出せます。

 

事業を始めて何ヶ月も赤字のため、その間貯金を切り崩して…などは

当然の話なのに、ウーバーイーツはいきなり稼げます。

 

おそらくですが、投下した資本(始めるのに使ったお金)も

他の事業と比べると、破格の安さだと思います。

なのですぐにプラスに転じることができると思います。

 

即金でお金が手に入るのでアルバイトと同じ扱いをされますが

(私のブログも実績を時給換算しています・笑)、

ホントはとてもありがたくて、いい意味でレアケースな稼ぎ方です。

 

まとめ

今回の料金改定ではバイクが不利

東京エリアが他地域とほぼ同一条件に

ウーバーイーツで稼ぐことが難しくなる時が来る

それでも経験を含め、いろんなメリットがある

 

でした。

どうぞ素敵なウーバーイーツ ライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント