【注文来ない!】ウーバー4ヶ月で気づいたこと②【フタが使えない!】

取組み方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

今回の記事は前回の続きになります。

前回の記事をまだご覧でないなら、まずはそちらをチェックしてください^^

 

【最強ビジネスモデル!】ウーバー4ヶ月で気づいたこと①【待遇は?】
ウーバーイーツの確定申告はこれだけでOK! こんにちは、梅ちゃんです。 「ウーバーイーツのバッグ背負った人を街で見かけるけど稼げるんかな?」 「空いた時間に私もやってみようかな?」 そんな風に...

 

今回は「注文が来ない!」、「バッグのフタが使えない!」時の対処法です^^

 

注文来ない!

「注文が来ない!」

「スマホ鳴らへん!」

 

ツライですよね…

お金を稼ぐためにウーバーイーツにしてるんだから、

注文が来ないことには始まりません。

 

常にスマホとにらめっこ、もしくは意識は常にスマホ側。

そんな風に、メンタル的には「見てる鍋は煮えない」という状態ですから、

まだか、まだか」という心理状況です。

 

ですから、5分が30分にも1時間にも感じもするし、

実際、30分鳴らないことも普通です。

 

なのでそんな時、メンタル面で平静を保つのにどうすればいいか、

最適解というのはありませんが、私の場合どうしてるかをご紹介しますので、

参考にしてください。

 

「ウーバーイーツが邪魔してできないことをする」

ウーバーイーツを稼働してなかったらやっていたこと、

もっと言うなら「ウーバーが邪魔してできない」事を、

待ってる時間にやってみます。

 

具体的には、

「動画を見る」

「ゲームをする」

「筋トレ・ジョギングする」(私だけ?)

といったように、ウーバーからの注文が入ったら、

「なんや、ええとこやのに…」と思わずつぶやくことをやります

 

時間という概念は絶対的なものではなく相対的なもので、

それは個人レベルでも言えることです。

 

楽しい時は時間の経つのがあっという間ですし、

苦しい時は逆に長く感じる。

 

なので、ウーバーの待ち時間には是非、

楽しくて仕方ないこと

注文が入ったら舌打ちしてしまう勢いのもの

に取り組みましょう。

 

すると待ち時間の間がストレスフリーなのはもちろん、

注文が入っていざ配達という時も、頭がクリアになっている自分に気づくと思います。

 

他の人はどう乗り切ってるか

他の配達員の人たちは同じ場面をどう乗り切っているのか?

注文待ちで運良く他の配達員の人が同じ場所にいれば聞いてみるもよしですし、

せっかくスマホが手元にあるのですから、

リアルタイムで状況がわかるツイッターをチェックしましょう。

 

「うぅ…鳴らない」

 

といったツイートが、同じ地域の配達員からあったりすると安心(?)しますし

(単なる気休めですが大切なことです)、他にも思わぬ情報が手に入るかもしれません。

しばらくツイッターをチェックしていれば、フォローしたりされたりで仲間もできてきます^^

 

考え方の「クセ」が出る

注文が来ないことはみなさん経験していますし、

ある程度は「運」が左右することだと思います。

 

しかし、同じ状況でもそれをどうとらえるかは、

個々人の考え方の「クセ」によります。

 

ベタな例えですが、コップに水が半分入っていて、

「半分も入っている」と取るか、

「半分しか入っていない」と取るか。

というやつですね。

 

人間の考えが行動につながる以上、

考え方の傾向(クセ)が行動の傾向(クセ)になります。

 

ピンチの時に頭を抱え込んで思考停止になるか、

それでも前を向いて一歩踏み出してみるかは人それぞれ。

その人の考え方の傾向に左右され、それが行動になります。

 

「ウーバーから注文が来ない」

一生のうち数回のこと、年に2〜3度のことであれば構わないかも?ですが、

しょっちゅう出くわすことですから、

その場面で自分に語りかけてみては(自省する)いかがでしょう。

 

バッグのフタが使えない!

ウーバーイーツをある程度経験すると、

早い遅いはありますが、どうしても避けられないことに出くわします。

それは…

 

フタのマジックテープがダメになる

注文を入れる時、出す時、必ずフタの開閉があります。

その都度、「バリバリッ!」と言わせながら、

マジックテープで固定されたフタを開け閉めします。

 

配達当初から、「モヤモヤしていて、拭えない漠然とした不安」があったのですが、

これでした。

 

私の場合、

・注文を受け取る店内に入る際、

・注文者さんのマンションに入る際、

 

バッグを背負わずに「フタの取っ手」を持って移動してました。

それが寿命をさらに縮める結果となり…。

 

更にバッグの中に仕切り用のクーラーボックスや現金袋を入れていて、

重量がかさんだことがトドメでした。

 

ただし、フタのマジックテープがダメになっても、配達する分には支障はありません。

バッグを背負う肩掛けはバッグ本体に位置しているため、

フタの部分に負担がかからないからです。

 

リペアしてみる

バッグは配達員にとってはスマホと双璧をなすマストアイテム。

使っていくうちに経年変化で(とはいえ私はまだ4ヶ月ですが…)

使いづらくなることも確かです。

今回はバッグのマジックテープをリペアしてみます。

 

①フタ側のモヤモヤを取る

バッグ本体側マジックテープの繊維がフタ側の接着面に付いてしまうため、

接着力が落ちてしまっています。

 

マジックテープのモヤモヤ、わかりますか?

 

取り除いてみました。コレですね。

 

いわゆるマジックテープの「掃除」をしてやるだけでも接着力は回復するのですが、

それでもダメならリペアしてみます。

 

②マジックテープを貼り付ける

100均で売っているもので構いません。マジックテープを用意します。

マジックテープが2枚一対でセットですが、ここで注意点があります。

 

使うのは「フタ側」のみ

瞬間接着剤やボンドなどを塗ってから貼り付ける

しっかり接着させる

 

です。

 

使うのは「フタ側」のみ

貧乏性からか(?)、ついつい2枚とも使いたいという衝動に駆られますが、

接着面が弱まっている原因はフタ側にあるので、フタ側だけでOKです。

 

瞬間接着剤やボンドなどを塗ってから貼り付ける

リペア用のマジックテープは裏側が両面テープになっていてそれだけでバッグに付きますが、

接着力が弱いため、このままだとフタの開け閉めですぐに外れてしまいます。

なので、マジックテープを貼る際には瞬間接着剤やボンドなどで接着力を強化します。

 

しっかり接着させる

開け閉めすることからどうしても負荷がかかる箇所なので、

貼り付けたら時間を置いて「なじませます」。

 

そして完成です!

これで心置きなく配達できますね♫

 

ただしこのバッグの構造上、どうしてもこの箇所の定期的なメンテは必要になると思います。

今はバッグも買取制なので、センターに持っていっても交換してくれません。

 

ウーバーイーツバッグが買取り制へ(京都・名古屋・福岡)
ウーバーイーツの確定申告はこれだけでOK! こんにちは、梅ちゃんです。 先日、ウーバーイーツの登録・説明会に行った時に、ある違和感がありました。 今日はその「違和感」についてのお話しです。 ウーバーイーツバッグ買取り...

 

なので、自己責任で大切に扱う必要があります。

 

まとめ

注文が来ない時は、注文が来たら舌打ちする程夢中になれることをやる

「注文が来ない事実」をどうとらえるかで展開が変わる

バッグは交換不可(買取制の時)。直しながら大切に使おう

 

でした。

 

どうぞ素敵なウーバーイーツライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント