【有利】ウーバーイーツの節税vsサラリーマンの節税【不利】

稼ぎ方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

突然ですが、質問です。

 

⒈会社の給料が一万円上がる

⒉ウーバーイーツで一万円稼ぐ

 

「一万円を手にする」のは1も2も共通ですが、

節税という点からすると、どちらが有利でしょうか?

 

そう、こんなブログをしている以上(笑)、

「⒉ウーバーイーツで一万円稼ぐ」

が正解になります^^

 

余談ですが、経験上サラリーマンの給料で一万円を上乗せするのは、

至難の業です(ですよね?)。なので、いろんな意味で、

「⒉ウーバーイーツで一万円稼ぐ」

が有利となります^^

最初に結論「税金面でウーバーイーツ有利」

税金は「課税所得」に対してかかる

課税所得というのは、その名の通りその所得金額をベースに、

税金の計算が行われます。

 

一般的に、

「収入」ー「経費・控除」=「課税所得」

となります。

 

給与所得であるサラリーマンは、

この「経費・控除」で認められる部分が少なく、

 

逆に、事業所得であるウーバーイーツは、

「経費・控除」で認められるところが多いのです。

 

「引かれる数(収入)が同じなら、

「引く数(経費・控除)」が多い方が、

「答え(課税所得)」が少なくなるということです^^

 

経費の扱い方が違う理由は、

それは次の話題である「所得区分」の違いが関係します。

 

「給与所得」と「事業所得」

所得の種類は10種類あり、それを「所得区分」と言います。

ちなみにサラリーマンは「給与所得」、

ウーバーイーツなどの個人事業主は「事業所得」に分類されます。

 

2つの所得の違いは?

所得区分については、「所得区分」などで検索すれば、

いろんなサイトでその内容をチェックできます。

 

今回は、 「知るぽると」というサイトを参考にしてみます。

ここで大切なのは、サイト中段にある「所得の種類と所得金額の計算方法」です。

今回話題にしている箇所を抜き出してみると、

 

所得の内容 所得金額の計算方法
事業所得 事業から生じる所得 収入金額-必要経費=事業所得の金額
給与所得 サラリーマンの給料等 収入金額-給与所得控除額=給与所得の金額

 

とあります。

 

この表から、事業所得と給与所得の違いは、

収入金額から差し引かれるのが、

「必要経費」か「給与所得控除額」の違いです。

 

ここで大事なのは、ざっくりですが、

「必要経費」…自分である程度コントロールできる

「給与所得控除額」…自分ではコントロールできない

という点です。

 

ウーバーイーツなどの事業所得

仕事でかかる経費を自分で決めた上で、

その分を収入から引いた金額に対して税金がかかる

 

のに対して、

 

サラリーマンの給与所得

収入額に対して税金がかかり、経費はほぼナシ

 

 

となります。個人で商売をされている方が、

こまめにレシートや領収書を残しておくのは、

こういう理由からですね。

 

サラリーマンの節税

では、サラリーマンの方は節税はムリなのでしょうか。

サラリーマンの給与所得は必要な経費うんぬんを考えるまでもなく、

給与から天引きされて手元に入ります。

 

サラリーマンの経費「みなし経費」

サラリーマンの方も、もちろん仕事をする上でお金がかかります。

しかしながら、給与所得の場合、

具体的にどれだけ経費がかかったかを申告するのではなく、

 

”これくらいの収入なら、これくらいの経費がかかるだろう”という、

おおまかな金額を引かれます。

 

これが上に出てきた「給与所得控除」です。

給与に対して「経費はこれくらいだろう」という発想で

差し引かれるため、「みなし経費」とも呼ばれます。

詳しく知りたい方は、以下のサイトを確認ください。

 

国税庁サイト 「給与所得控除」

 

余談ですが、令和二年以降、控除額が減額されるようです(涙)

 

年末調整

給与から有無を言わさず一定額を天引きするため、

給与所得の場合、個人の事情を配慮していません。

 

でもそれって結構なムチャ振りですよね?

結婚してるかどうか、子供がいるかどうか、

保険はどんなものに入っているか、

持ち家か、賃貸かなど、

個人で事情が違って当然ですし。

 

そこで、保険代や扶養家族の人数など、

個々人によって違ってくる経費を申請して、

年末に調整します。

 

これが「年末調整」です。

 

サラリーマンの方なら、訳がわからないまま(私がそうです・笑)、

用紙に家族の保険証明書みたいなものを貼っつけて、

年末に会社に提出していると思います。

 

交通費

職場に行くための交通費には税金がかかりません。

給与明細などでも「交通費」が必ず別枠で記載されています。

 

 

次に、ウーバーイーツをはじめとする個人事業主の場合を

見ていきます。

 

ウーバーイーツの節税

ウーバーイーツなどの事業所得だと、

税金の面で様々なメリットがあります。

 

青色申告で65万円節税

税務署に一年間の所得金額を申告するのに、

白色申告と青色申告があります。

 

ここではより税金面でメリットが大きい、

青色申告について話をしていきます。

 

青色申告だと、

 

税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出する

複式簿記で記帳する

損益計算書、貸借対照表を作成する

レシート、領収書を保管する

 

などの煩わしさがありますが、なんと、

65万円の節税

となります。

 

ここで大きいのは、

 

一円も支払うことなく、65万円節税

 

と言う点です。

 

 

次に挙げる家事按分も節税という点で大きいのですが、

家事按分は何かの商品やサービスが事業に必要なため、

その分を経費として認めましょう。

 

ということです。

 

ここでポイントなのは、

 

家事按分の場合、税金はまけてもらってるけど、

お金は手元から出ていってる

 

という点です。

 

青色申告の場合、手間はかかりますが、

現金を手元に置いたまま節税になる。

 

のです。この差はデカい!

 

家事按分(かじあんぶん)

ウーバーイーツを行う上で必要な、

「スマホ」「自転車」

などは、ウーバーイーツでも使いますし、

仕事以外でも使います。

 

このように、ある支出が公私にわたる場合、

仕事で使う分を経費計上できます。

これを「家事按分」と言います。

 

上で挙げたスマホや自転車の他にも、

 

・電話代、ネット代などの「通信費

・バイクで配達する場合の「ガソリン代・保険料

・ヘルメット、ライトなどの「消耗品費

 

がこれにあたります。

 

これ以外にも、100%仕事で使うものは経費計上できますから、

「チリつも」で、結果的に節税効果が大きくなります。

 

まとめ

ウーバーイーツなどの個人事業主は税制上優遇されている

サラリーマンは収入から「みなし経費」でざっくりとした控除

サラリーマンが個々人の支出に対応するのが「年末調整」

 

でした。

どうぞ素敵なウーバーイーツ ライフを。
最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント