【効率ヨシ】置き配はこれでOK!【キャッシュレス】

稼ぎ方

こんにちは、梅ちゃんです。

 

前回、「置き配」に対応した「置き配シート」について記事にしました。

今回はその続きになります。

 

製作した置き配シートを引っさげて早速配達に出ました。

さてさてその結果やいかに?

置き配の流れや効率の良いやり方についても記事にしています^^

 

置き配とは?

置き配とは?

ウーバーイーツの配達は手渡しが基本でした。

 

「コロナまでは。

 

玄関先に商品を置いておくのが「置き配」で、

商品を対面で渡す必要はありません。

 

お客さんは配達員が来たからといって、

すぐに玄関に出向く必要がなければ、

カッコもどんなものでもいいわけです。

女性の一人暮らしだと、扉を開けるのに抵抗があったりしますし…。

 

また配達員の方もお客さんが出てくるのを待っている必要はありませんし、

両者にとってWIN-WINのシステムです。

 

その置き配がコロナを境に一気に一般的となり、

ウーバーのアプリでも置き配に対応したものに変更になりました。

 

置き配のデメリット

そんないいことづくめの置き配ですが、

デメリットもあります。

 

「商品を地べたに置く」

「お客さんにありがとうも言えない」

 

長所と短所は表裏一体ですが、この2点はやっぱりチョット…

ということではないでしょうか。

そのデメリットを前回記事にした「置き配シート」が補ってくれるわけです。

 

置き配の流れ

置き配の場合、確かに玄関前に商品を置いたという「証拠」を残します。

商品の受け渡しの手間は省けますが、写メをするという手間が加わります。

 

マンションの場合

①エントランスのロックを解除してもらう

②玄関前到着

③置き配シートを敷いて商品を置く

④写真撮影&コメント

 

特に難しいことはなく、今までとの違いは③と④とになります。

 

置き配シートを敷いて商品を置く

置き配シートを敷いて、商品を置くとやっぱ親切ですよね。

 

写真撮影&コメント

ウーバーのアプリ内で「写真を撮る」をタップすると、

このように玄関先での置き配の様子を写メできます。

この後、撮った写真の確認と、コメント欄が表示されます。

私の場合ですが、玄関先のインターホンは鳴らさず、

写真を撮ってコメントを送ってインターホン替わりにしています。

 

コメントもいちいち入力するのは手間ですから例えば、

「お世話になります。ただいま商品を玄関前に置かせて頂きました。

受け取りの方、よろしくお願い致します。

ご注文頂きまして、誠にありがとうございました。」

といった文章をスマホのメモに保存しておいてコピペして使えば効率的です^^

 

一軒家の場合

一軒家の場合はマンションの場合の①の工程が省略できるため、

②〜④で済むのですが、一軒家の場合は、

 

ⅰアプリ上で苗字がきちんと表示されていて、

ⅱピンずれがない場合

 

でないと、無言で立ち去るのは難しい

(到着までに何らかの手段で問い合わせを既にしている)。

 

なので、到着さえすれば一手間省けますが、

無事辿り着く手間の方が数段上です(笑)

 

置き配シート効果検証

手作り感満載の「置き配シート」をひっさげて、

5月12日に実際に配達に出てみました。

そこでシートの効果検証をしてみました。

 

検証方法は?

チップの有無で判定します(笑)

チップの件数や金額などでお客様へのインパクトを計測しました。

で、結果ですが…

 

5件中1件 72円

ありゃ!?効果なし(笑)

 

ああ、自信満々だったのですが、

シートを置いた5件中1件だけチップという結果になりました。

 

あざとかったんでしょうか(笑)

 

まあ、長い目で見ていきましょう。

数パターンのシートを用意して、

ABテストをした上で、一番効果が見られたものを採用するなんてことも

今後やってみようかなと思っています。

 

ウーバーは地域担当制でもなければ、おかかえ運転手制でもないし、

ましてや指名制でもない一期一会の注文者との関係ですから、

ここまでするのは単なる自己満足かもしれません。

 

でも、その一期一会のご縁を大切にしたい気持ちってありますよね。

その気持ちが会話をしなくても伝えることができるのであれば、

価値はあるのではないかな、と。

こういう気持ちを大切にしたいところです。

 

どうぞ素敵なウーバーイーツライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント