【京都限定】現金取り扱い停止【期間未定】

取組み方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

先日からツイッターで情報が流れていて、

知ってはいたのですが、私の元にもある”お知らせ”が来ました。

 

ウーバーからのメール

ウーバーからのメールはこのようなものでした。

 

不思議なのが全国ではなく、「京都限定」というところ。

和菓子じゃあるまいし、

「なぜに京都?」

そして、

「なぜに今更?」

と思います。

 

ホントにコロナのことを考えるのであれば、

開始時期は1〜2ヶ月前でしょうし、京都でなく関東や大阪・神戸の方が自然です。

 

どのような影響があるか

決定事項は決定事項として、ではそうなった場合、

どういったことが考えられるか?対策はあるか?

が、大切になってきます。

 

注文数が減る

これに尽きます。それでなくても京都エリアは他の地域と比べて、

報酬面などで見劣りするのに、この上注文の絶対数が減るとなると、

死活問題です。これは痛い。

 

ポイントがつかなくなる

これは全員ではないと思いますが、ウーバーの請求先を

Tポイントや楽天ポイントなどが貯まるカードで提携していたら、

その分の利益も無くなります(以前、ムッチャ喜んで記事にしたのに・笑)。

 

単に売上がウーバーから入金されるのみ。

ということになります。

 

荷物・手間が減る

もちろんいい面もあります。

お釣りを用意する必要がありませんし、

お届け先には商品をサッと渡せば済みます。

 

安心感が増す

それなりに現金持ってウロウロするわけですから、

今までは防犯面で心配がありましたし、

お客さんと現金の受け渡しをする以上、接触もする。

なのでコロナにかからないとも限らない。

現金払い特有のゴタゴタ(払わないとか釣り銭間違いとか)も可能性としてある。

 

そう言ったことがなくなるわけです。

 

コロナ対策に付随して、こういったプラス面もあります。

女性の配達員の方も増えてきましたしね。

防犯面でのプラスは大きいです。

 

で、秤にかけてどうなの?

今回の決定でメリット・デメリットがあるわけですが、

で、両方を比べて総合的にプラスなの?マイナスなの?と聞かれたら、

 

マイナスでしょうね

そう答えざるを得ません、やっぱり。

ウッカリ者の私は、

現金が入った袋をお店に忘れてきたことがありますし

現金袋を自転車の前カゴに入れっぱなしで配達に行ったこともあります。

 

でもそれは「自己責任」であって、今回の件とはまた違う話になります。

 

吉と出るか凶と出るか

今までの話は経験に基づいているとはいえ、私の憶測です。

実際のとこ来週に稼働してみないとわかりません。

ひょっとしたら、ひっきりなしに注文が入るかもしれない(?)しね。

 

全国的にコロナもピークを過ぎた感がありますが、

私が今日仕事で行っていたところは従業員にコロナの人がいたとわかったので、

急遽閉店となりました。大きな百貨店ですけど、コロナの人が一人いるだけで

一発閉店です。なので、まだまだ油断できないのも事実です。

 

問題の根本はウーバーでなくコロナであるのは重々承知で、

ウーバーで働けるのも、ブツクサ文句を言えるのも、

健康という大前提があってこそ。

 

コロナに振り回されてばかりいますが、

立ち止まっていろいろ考えるいいキッカケでもあります。

 

コロナが落ち着いたところで元には戻りません。

私たちが変化を求められてるということです。

 

どうぞ素敵なウーバーイーツライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント