【商品固定】カバンの中身、見せてください【パッキング】

はじめ方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

お店から受け取った商品を、きちんとお客様へ届ける

 

シンプルであり、当然であり、それでいてムズカシイ。

今日は商品をきちんと届けるためのパッキングについてお話しします。

 

参考までに、この記事を書いている時点で、

私のウーバーイーツ歴はまだ1ヶ月。

 

とはいえ、いろいろな経験をしてその都度改善しました。

今回のパッキング術もその一つです^^

初日の私

まずは画像をご覧ください。

初日の私の配達バッグの中身です(再現)。

”土手”代わりにスポーツタオル2枚 以上

です^^;

 

勢いだけの見切り発車だったことを認めます。

この装備だと、以下のようなことになります。

 

「他人の目」が気になる

商品を取りに行った際の店員さん、

配達先のお客さん、

 

結構、バッグの中身をチラ見します

 

当時の私に負い目があったから、余計と神経質になっていたかもしれませんが、

それはある程度装備が整った今でも感じることです。

それぞれが商品の当事者なので、そりゃある意味当然ですね。

 

で、初日の配達の続きですが、

「あなた…大丈夫?」

という店員さんの心の声、

 

「えっ!?それで運んできたん?」

というお客さんの呟き。

 

そんな、負い目があるからこその声が聞こえてきますw

「カバンの中身を見られるとヤバイ」

みたいな心境でした。

 

自分でもこれはマズイと…

実際自分でも、カバンを担ぐ際や降ろす際に、

「頼むし、倒れんといてくれ!」

と念じてました^^;

 

これでは仕事になりませんね。

いくら初日とはいえ、これは明らかに準備不足でした。

 

本当であれば、初日だからこそパッキングだけでも、

不安をなくしておく必要があったんです。

 

だって何が起こるかわからないんですから…

(実際、スマホの操作でさえかなりまごつきました。)

 

先人に学べ

さすがにこれでは仕事にならないため、

いろいろと調べました。

 

幸い、ブログでもYouTubeでも、

配達員の先輩方がいろいろと情報をアップしてくださってます。

 

・バッグの上げ下ろし

・自転車の揺れ

・汁物や大きな商品

・熱い商品と冷たい商品

 

以上のような課題をひとつひとつ潰していく必要がありました。

で、こんな時ですが自分で考える必要はありません。

 

徹底的にパクるw(TTP)

 

そのための先輩方のブログ発信であり、動画配信です。

そしてこのブログも、もちろん同じ思いです。

TTPでいいんです。

 

1ヶ月後の今の私

そして、1ヶ月経った今の私は、このような装備で落ち着いています。

これがベストかどうかわかりませんが、スムーズに配達ができ、

上で挙げた課題を一定レベルでこなせていると思います。

ですので現状、この装備で配達しています。

 

装備詳細

①現金、ポケットwi-fi、お守り入れ

②保温・保冷バッグ(飲み物など、100均で購入)

③保温・保冷バッグ(フタがあり、チャックができ固定に適する)

④ポケットwi-fi

⑤ビーズクッション(100均で購入)

⑥サバイバルアルミブランケット

 

それぞれ解説していきます。

 

①現金、ポケットwi-fi、お守り入れ

現金支払いに対応しているのでその現金やポケットwi-fi、お守りなど、

何かと必要になってくる小物を入れてます。

このバッグも固定用に使えるのがポイント

 

②保温・保冷バッグ(飲み物など、100均で購入)

私は主にドリンク類を入れるのに使っています。

100均で購入したので、コスパ最強です。

 

③保温・保冷バッグ(チャックができ固定に適する)

写真のバッグは「サーモスソフトクーラー15L」(amazon

この商品、何がいいかと言いますと、

ウーバーイーツのバッグにすっぽり収まる寸法

なんです。

そしてこのバッグに入りきれないほどの大きさの商品を運ぶとなったら、

たためばコンパクトになります。

 

④ポケットwi-fi

ウーバーイーツだけならそこまで必要がないかもしれませんが、

私の場合、

 

このブログをいつでもどこでも更新できる

配達依頼が来るまで公園で動画見られるw

本業の仕事に行く際に電車内でブログが書ける、やっぱり動画見られるw

 

など、何かと重宝してます。

今回ウーバーイーツを副業で始めると決めていろいろ購入しましたが、

ポケットwi-fiとMacBookが私の生活をガラッと変えたと言えます。

 

ちなみに数あるポケットwi-fiの中で選んだのが、

どんなときもWiFi

です。

 

⑤ビーズクッション(100均で購入)

②と同じくこちらも100均で購入しました。

例えばマクドの配達でドリンクがひとつあるとして、

それを固定する紙製の台は「2個分用」ですよね?

 

その際に、このビーズクッションを「ドリンクがない側」に

固定用として縦向きに入れてます。

これでドリンクが横倒しになるのを防ぎます。

 

⑥サバイバルアルミブランケット

「カサカサ音」が少ないアルミ製のブランケット(amazon

いろんな箇所の固定用として使います。

 

受け取った商品が小さいものであれば、

③のバッグに入れて固定しますし、

それなりに大きな商品の時はウーバーイーツバッグ全体に使います。

 

詰め物が新聞紙だと「バッグのチラ見攻撃」の際に負い目を感じそうですし、

包装紙だと汚れたらこまめに交換する必要があります。

 

恐らくですが、諸先輩方からのTTPがなければ、

詰め物にアルミブランケットという選択はありませんでした。

 

こんな風にレイアウトしてます

上で挙げたバッグの中身をこんな感じでレイアウトしてます。

画像のレイアウトを基本パターンにしてます。

このパターンをケースバイケースでレイアウト変更して、その都度”小部屋”を作ります。

 

商品の大きさ、個数、温かい、冷たい、汁物、崩れやすい、フタが外れやすそう…

いろんなケースがありますが、一応これでここまでやってこれてます。

参考にしてくだされば幸いです。

 

まとめ

お客様へ商品をきちんと商品をお届けするための最重要案件「パッキング」

自分で考えるより、先人の教えを徹底的にパクるw(TTP)

ある程度のパッキングができれば実利に加え、自分、お店、お客さんに心理的安心感

初期投資が必要だが、それを埋めて余りある心理的安心感

これなら商品担いでの立ち漕ぎも可!?

 

でした。

どうぞ素敵なウーバーイーツ ライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント