ウーバーイーツバッグが買取り制へ(京都・名古屋・福岡)

はじめ方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

先日、ウーバーイーツの登録・説明会に行った時に、ある違和感がありました。

今日はその「違和感」についてのお話しです。

 

ウーバーイーツバッグ買取り制へ

見出しのとおり、ウーバーイーツのバッグ(以下「ウバッグ」)が、

デポジット制(レンタル)から、買取り制になりました。

 

ウーバーイーツバッグ

 

当面は京都・名古屋・福岡の3つの地域で、大阪もその方向だそうです。

(他の地域は未定)

ウーバーイーツを始めるにあたって必要不可欠なのが「ウバッグ」。

いろんなサイトやYouTubeを見てましたが、どのサイトにも、

「ウバッグはデポジット制でレンタルする」

とあるんですよね。

 

「4000円」「8000円」といった金額に違いはあるものの、

「売上金額からウバッグ代金を差し引き、ウバッグ返却時に返金される。」

という説明です。レンタルが前提です。

 

説明会での違和感

私が受けた京都オフィスでの説明会で、モヤモヤというか、違和感というか、

引っかかるものがありました。

なぜなら、バッグのデポジット制について一切触れられなかったからです。

「バッグは買ってください。」

「アマゾンのこのコードを入力すると、割引価格でお求めいただけます。」

 

あくまでも「安く買える」が、「レンタル」ではない。

その場で質問すればよかったものの、

知識があやふやだったためスルーしてしまいました。

 

で、実際にウバッグを購入し、仕事を始めたものの、やはり気になる。

そこでサポートに電話をしてみました。

 

私どもでは関知しておりません

サポートの電話から出てきたオドロキの言葉は、

「そうなんですか?私どもでは関知しておりません。」

 

「??サポートなのに?」

モヤモヤに拍車がかかります。

 

私「納得のいくよう、説明してください。」

サポート「お伝えできる内容は、以上でございます。」

私「京都オフィスの方に聞いてみてください。」

サポート「京都オフィスには電話はなく、当方とやり取りできません」

私「??ここ、サポートですよね?じゃあ、どうすればいいんですか?」

サポート「あなたがオフィスまで足を運んで聞いてください。」

私「ハァ?」

 

といったやり取りがあり、らちがあかないと思い電話を切りました。

そして時間をとって足を運ぶことが腑に落ちないものの、

ウーバーイーツの京都オフィスに出向きました。

 

京都・名古屋・福岡で買取り制実施へ

京都オフィスの方の説明によると、

1 京都・名古屋・福岡の3都市で10月1日からウバッグが買取り制になった。

2 大阪も買取り制になる。

3 今まではウバッグを使って仕事をする必要があったが、どのバッグでもよい。

ということでした。3については、

「今まではウバッグでの配達がデフォルトだったが、

自前で用意できるのであれば、ウバッグでなくてよい」

ということです。

 

ホームセンターで似たようなものを買ってきて使うもよし、

ちょうど使えそうなバッグが家にあれば、それで配達をしてよい

ということです。

 

「デポジット制」ではなく、「買取り制」になったことで、

そのように変更となりました。

 

買取りなので、ウバッグの改造も自由、仕事以外にどう使おうと自由。

仕事にウバッグを使うかどうかまで自由。

とはいえ、ウバッグ使いますけどね、他に対抗馬が見当たらないです。

 

サポート対応、ホンマ頼む

今回、最初にサポートに電話連絡した時に、

上のように説明してもらえてたら、全く印象が変わってました。

 

電話対応がかなりの上から目線でしたので、

最後はお互い口調が荒くなったのも事実。

 

京都オフィスの方の説明だと、サポートは別のところにあり、

また京都オフィスに電話がないため、直接やり取りできないのだそうです。

なんか不思議。

 

京都オフィスの方は落ち着いていて、丁寧に接してくださったので、

こちらの「荒ぶる感情」もトーンダウン^^;

すっかりおとなしくなりましたとさ。

 

まとめ

・ 京都・名古屋・福岡の3都市は10月1日よりウバッグ買取り

・ 大阪も買取り制へ

・ 配達はウバッグでなくてもよい

・ 「サポート」という以上、それに見合う対応を希望

 

今回、「スッキリ」とまではいかないものの、一応納得はできました。

でもまだ、小骨がのどに刺さってるかな(笑)

 

どうぞ素敵なウーバーイーツライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント