【自転車派?】あなたはどっち派?【バイク派?】

はじめ方

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

ウーバーイーツは自転車・バイク・軽自動車から、

配達方法を選べますが、自転車かバイクの方が大半です。

 

なので今回、自転車・バイクで配達するメリットやデメリットを

話題にしていきます。

もし、どちらで配達するか迷ってらっしゃるなら、

参考にしてみてください^^

 

最初に結論「どちらも一長一短あり」

いきなり身もふたもない結論でスミマセン^^;

 

もしあなたが、自転車かバイクのどちらかしか選べず、

選択の余地がないとすれば仕方ありませんが、

どちらでもよいとなったら、バイクの方が楽で良さそうに思いますね。

でも、それが必ずしもそうではありません

そこがウーバーイーツの妙味です^^

おいおい話していきますね。

 

それではまず、自転車のメリット、デメリットを見ていきます。

 

自転車メリット・デメリット

メリット「気が楽」

自転車で稼働するメリットとして、

⒈健康的

丸一日走れば100キロオーバー、「過ぎる」くらい健康的です。

絶対痩せますw

 

⒉経費ゼロ

かかる経費はほぼ「ゼロ」。タイヤやブレーキシューなど、

消耗品の交換くらいです。

 

⒊駐禁ナシ、一方通行ナシ

おまわりさんのご厄介にならずにすみます。

 

ここまでは一般的な理由ですが、ここからはウーバーイーツならではです。

 

⒋件数で稼ぐ現状システムでは自転車有利

ウーバーイーツの報酬体系は「距離」と「件数」です。

そして、圧倒的に「件数」で稼ぐのが効率がいいのです。

また、注文の距離によって、

近距離 「自転車」
遠距離 「バイク」

というように住み分けがされているので、

短い距離で件数をこなせる自転車が有利と言えます^^

 

⒌自転車保険にウーバーが入ってくれている

自転車の場合、ウーバーイーツが配達中の事故に対して、

保険に入ってくれています。

 

条件はいろいろとあるのですが、

配達員が「加害者側」になった時に特に手厚い内容になっています。

ウーバーイーツオフィシャルサイト

 

これだけで安心とまではいえないかもしれませんが、

自分が怪我を負った場合などは、

ご自宅で保険に入っているケースもあるかもしれませんし、

 

自転車についてもファミリー特約でカバーしてくれる保険もあります。

なので、ウーバー側が必要最低限のケアはしてくれているということです。

 

デメリット「しんどい」

自転車のデメリットとして、「しんどい」。

もう、この一言に尽きますw

 

⒈一日100キロこげるか?

経験上、自転車で丸一日稼働すれば距離は100キロを超えます。

もちろん全員がそんなに「ガッツリ」取り組むことはないので、

この数字が当てはまるのは少数かもしれませんが、

体力勝負となるのは間違いありません。

真夏ならオーバーヒートしますよ、ゼッタイ^^;

 

⒉尻が痛い(肛門が痛い)

個人的にかも、しれないのですが…。

シモの話でスミマセン。でも切実です。

 

体重が全てお尻にのっかるので、

どうしてもお尻、そして特に肛門が痛くなるんです。

 

どっかと座るママチャリはアメリカンバイクと同じで、

見た目は楽そうです。

 

しかし実際は、お尻、もっと言うなら肛門にw

上半身の体重が全てかかるため、局所的にダメージが加わります。

 

背負った商品が傾くのを無視すれば、クロスバイクとか、

ヨーロピアンタイプのバイクといった、軽く前傾する姿勢のものが、

体重が分散されていいんです。

 

前傾する分、ペダルに体重も乗せやすいですし、

早くこぐことができます。ただ、商品が心配…。

どちらを優先するかはそれぞれの考え方次第でしょう。

 

⒊なので一日終わるとボロ雑巾のよう…

「精も根もつきはてた」という事になります。

週に一度二度ならまだしも、

専業でとなるとキビシイかな?

 

バイクメリット・デメリット

メリット「体が楽」

自転車とは反対にバイクは体力を温存する形で

配達を進められます。

 

⒈長距離へっちゃら

なので、遠くへの配達も苦にはなりません。

料金システムを無視すれば…

 

⒉スマホの充電ができる

これ、大きいんではないでしょうか?

そもそもバイクはバッテリーを積んで走ってますから、

そいつをスマホにつないでやれば、

スマホの充電うんぬんは気にしなくていい。

長時間稼働するならこのアドバンテージは安心感に繋がります。

 

デメリット「危ない」

自転車でも事故りますから、なにも事故はバイクに限りませんが、

スピードが出るだけに、ダメージも必然的に大きくなります。

⒈経費がかかる

ガソリン代・オイル代・保険代(自転車とは違い自分持ちです)など、

ランニングコストが自転車よりかかるのは致し方ないです。

 

⒉ 意外に件数を稼げない?

上でもあげましたが、

自転車は「ショート」、バイクは「ロング」と、

両者の配達は住み分けができています。

 

なので、バイクは「トンデモナイ距離」を行かされれるわけです。

私の知る限り、京都の中心地から、

「貴船」というところまでの16キロを

配達したという話も聞いてます。

 

もはやツーリング

 

貴船行く時点で、もう旅行やがな…

 

ここまで自転車・バイクのメリットデメリットを見てきましたが、

どちらかを選ぶとすれば、私なら自転車をチョイスするかな。

 

でも、そこまで深刻にならなくていいんです、実は。

配達方法の追加ができますw

欲張れるんですw

これで自分にしっくりくる方を選べますね。

「昨日はバイク、今日はチャリ」

その日の気分で変えてみるのも.アリかも⁉︎しれません。

 

まとめ

自転車、バイクそれぞれにメリットデメリットがある
メリットがより魅力的か、デメリットをより避けたいかが最終判断
料金システムや事故のリスクを考慮して、個人的には自転車推し

でした。

 

どうぞ素敵なウーバーイーツライフを。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント