実働8時間2分、時給換算1931円

売上

 

DATA

<プロモーション>
・ブーストによる売上の増額 1.1倍
・15回の乗車を完了すると、¥1500が売上に加算
・25回の乗車を完了すると、¥2500が売上に加算
・40回の乗車を完了すると、¥5400が売上に加算

 

クエストがバブリーになってきた!

配達回数に応じてもらえるインセンティブの「クエスト」が、

ここ最近高額になってきました。

 

去年、東京エリアの報酬料が引き下げになった際に、

「今後はインセンティブで同程度の報酬を確保する」

というのがウーバーイーツ側の回答でしたが、

ホントそんな感じになってきました。

 

今日でも時間いっぱいまで稼働すれば、

恐らく20000円くらいになっていたと思います。

連休でしたので、ニーズもありましたし。

 

上にあげた表では「40回5400円」が最高ですが、

他の配達員さんと話をしていたら、

60回10000円超という条件の日もあったようです。

 

ああ、専業でウーバーイーツがしたい!(笑)

 

注文者不在のケースに出くわした!

10中8、9注文者さんは在宅しています。

自分で注文しているのですから、

ある意味当然です。

 

でも、「10中1、2」の時があるんです^^;

 

私はこれまで150回ほど配達していますが、

この「不在」という場面には、幸い遭遇しませんでした。

 

しかし、その時がやってきました(笑)

 

<注文者が不在の場合>

⒈注文者に電話する

⒉注文者不在ボタンを押す(ポチッとな)

⒊10分待つ(タイマー表示されます)

⒋10分経ったら「配達しなくてよい」という連絡が来る

⒌商品廃棄

 

という流れで進んでいきます。

 

では、今回のケースを時系列で見ていきましょう。

 

14:09

ウーバーからの注文依頼を引き受けました。

ラーメン屋さんまで約5分。自転車を走らせます。

 

14:15(推定)

ラーメン屋さんに到着。しばし出来上がりを待ちます。

「海老ラーメン、おまっとう!」

の大将の声と共に商品を受け取りました。

 

14;20(推定)

店を出発、注文者さんのうちを目指しチャリンコをこぎ始めます。

 

14;30(推定)

注文者さんのマンションに到着。

5階建なのにエレベーターなし(笑)。

階段で5階までえっちらおっちら。。

 

到着してインターホンを鳴らすも応答なし。

ウーバーに連絡。そして10分待ちました。

 

それでも注文者さんが現れなかったので、

このような表示が出ました。

 

14:54

 

そして、商品は「廃棄してよい」ということになっています。

ですがこの場合、(≒食べちゃってよい)ということです^^

 

なので、注文の品を食べました。

おいしかったです。

 

 

「運んですぐならね!」

もう一度、時系列を追ってみてください。

14:15 大将の「おまっとう!」

から、

14:54 「この配達は終了して構いません」

まで。

この間、約40分…

そう…、御察しの通り、

 

すっかりノビノビ(笑)

ホントならとても美味しいと思うんです。

豪華ですよね、尾頭付きのエビが2匹も入ってるんですから。

 

でもこの「40分」という数字、

配達の状況次第で、このようなアクシデントでなくても、

同じくらいの時間がかかってしまう可能性があります。

 

そう思うとウーバーで麺類はちょっとビミョウ!?

(お金払ってないのに文句言えません、すみません)

 

走行距離86キロ、消費カロリー1639キロカロリー

バイク担当と言ってよい、3キロの距離の配達が連チャンできたり、

あまりの急勾配なので、足をついてしまいそうな登りを行かされたり、

なにかとウーバー&グーグル先生に翻弄されまくりでした(笑)

 

消費カロリーも1600キロカロリーオーバー。

一日自転車をこぎまくってますから、これくらいの数字になります。

 

ちなみにこれだけの時間、自転車に乗りつづけて、

痛くなるのは足ではなく、断然「お尻」。

 

ロードバイクで履く、お尻にパッドが入った「レーパン」を

もってしてもやっぱり尻が痛い。

これは、乗り方含めてトータルで考えないといけませんね。

 

 

コメント