【稼げる?】実績発表ー2020/2【稼げない?】

売上

 

こんにちは、梅ちゃんです。

 

2月の実績発表です。

日本では2月8月を「ニッパチ」と言って、

一年のうちでお客さんの財布が固い、

商売がしにくい2ヶ月間を指します。

 

今月がそのニッパチの「ニッ」な訳ですが、先月までと比べて

確かに苦戦した印象の1ヶ月となりました。

 

【実績@京都】

稼働日 売上 オンライン時間 時給換算 移動距離(km)
2/2 5800 3:28 1676 37.52
2/8 8149 5:56 1374 64.84
2/14 7493 6:31 1152 62.92
2/19 7786 7:07 1095 66.13
2/20 14377 9:49 1514 98.30
2/23 8109 5:46 1369 66.45
2/25 7355 6:38 1109 64.29
2/28 12887 10:32 1223 100.22
total 71956 55:47 1289 560.67

 

【考察】

12月1615円

1月1656円

 

と来て、2月は時給換算で1200円台。

これだけ数字が違うと仕事をしていて「ヒマ」と実感できます。

その原因として、

 

2月が「ニッパチ」にあたる

学生さんが春休みで大量に配達員の申込をしたことによる供給過多

 

などが考えられます。「配達員の供給過多」はうわさで聞いただけですが、

登録センターが人であふれていたとのこと。

 

それを裏付けるかのように、

最近は売上が割増の「ブースト」もほぼないですし、

スポットで現れるボーナスのヒートマップ(シミ)も出現頻度が下がっています。

そう考えると、あながちうわさは間違ってもいないのかなと感じます。

 

何より仕事をしていて、昨年までなら追われるように配達依頼が

入ってきた時間帯がありましたが、今月はその印象はナシ。

この状況が続くのか、春になれば状況が変わるのかを見守る必要があります。

 

コロナ騒ぎがあるので外出を控える分、需要がある気はするのですが、

こればかりは憶測でしかなく、結果が「答え」になりますね。

 

ただ今月は結果が振るわなかったとはいえ、

それでも昼間に働いて1200円台の時給であれば、

京都ならかなり厚遇されてると言えます。

 

またこれは、京都でウーバーイーツが稼働していること、

日銭が稼げること、いい運動になること(笑)など、

感謝できることがたくさんあることを前提で話をしています。

 

ウーバーイーツ、ありがとう

コメント